FC2ブログ
root3のつぶやき
root3が日常生活(主にゲームの話と、TGA、NLでの活動)を綴っていくブログ。twitterとは関係ない(twitterもやってますが)。最近は専ら音ゲー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめてのIIDX その1 ~まずは触れてみる~
ちょっと気まぐれに、弐寺の入門記事を連載してみようかと思います。
ゲーセンでの収穫も少ないですし。

一応書いておこうか。

・弐寺SP
☆11
quasar(A)乱ハード

☆8
TITANS RETURN(H)ハード

・弐寺DP
☆7
Bad Maniacs(N)ノマゲ

☆6
Red. by Full Metal Jacket(N)ノマゲ

☆5
BRIDAL FESTIVAL !!!(N)ノマゲ

・リフレク
(゚∀゚)
さて。本題。

今から入門について書こうと思っているこのbeatmaniaIIDX(以下IIDX、もしくは弐寺)ですが、何より触ってみることが一番の関門かもしれません。

見た目かっこいい筐体ですが、その分プレイ画面からわかるその堅苦しさ、あと降ってくるノーツの数、そしてそのプレイヤーの指の動き、っていうか何この知らない曲……どれを取っても初心者さんお断りオーラが滲み出ていますね。それはある意味仕方のない事で、jubeatやリフレクと違ってIIDXは慣れるまでの時間がかなり長いので、勇気を出してプレイしてみてもすぐにやめてしまう人も多いわけです。それがまた上記のようなオーラ生成に一役買っているわけですが……。

一方で、IIDXは他の音ゲーとは違った楽しみが得られるゲームだと思います。いろんな音ゲーがありますが、豊富な曲の数クリアできた時の達成感は一番だと思います。

つまりはスルメです。それもめっちゃうまいスルメです。ちなみにjubeatはガムだと思います


さて、上記のようにIIDXに触るにはいろいろと障害(?)があるわけですが、それを一度に取っ払う方法があります。
ズバリ、知り合いと一緒にやることです。
……「一緒にやってくれる友達がいない」とかいう、某ラノベの登場人物みたいなことは言わないで下さい。探しましょう(
ただ、残念なことに身の回りに音ゲーやってるような知り合いがいない可能性も否定できません。というわけで、まず取っ掛かりの部分は頑張ってもらうしか無いですね。後々の楽しみを糧に頑張って一歩を踏み出して下さい。


一歩を踏み出せたみなさん、おめでとうございます。
で、本題に入るわけですが、まず決めなければいけないことは「1P側と2P側、どちらに立つか」です。
普通の音ゲーでは1Pだろうと2Pだろうとどっちでもいいわけですが、IIDXだけは違って、1P側(筐体に向かって左側)と2P側(筐体に向かって右側)では操作方法が微妙に異なります。
が、最初のうちならば修正は効くので、記念すべき1プレイ目はどっちでもいいと思います。ただ、どちらかには立たないといけないのでとりあえず決めましょう。迷ったらとりあえず1P側でいいと思います。

100円(50円、200円の店もあります)を入れてゲームスタート。
操作は目の前にある鍵盤(白い鍵盤×4、黒い鍵盤×3)と横にあるスクラッチ(通称:皿)で操作します。大雑把に言えば決定が白鍵、キャンセルが黒鍵、上下選択がスクラッチですが時々違う操作になります。

自分のデータやら(?)、注意事項やらが出てくると思いますが、途中で「シングルプレイか、ダブルプレイか」を選択すると思います。シングルプレイを選びましょう。ダブルプレイを選ぶと悲惨なことになります。

で、ようやくモード選択画面になると思いますが、おそらく左から順に「ステップアップ」「スタンダード」「段位認定」「エキスパート」「フリー」となっていると思います。記念すべき1プレイ目のオススメは「ステップアップ」です。選びましょう。

ステップアップモードですが、簡単に説明すると「20曲の中から3曲遊べるよ!」モードです。何より途中落ち(クリアに失敗して、遊べる曲数遊ぶ前にゲームオーバーになること)が無いので初めたばかりの人にはうってつけです。

おそらく選択すると「チュートリアルをやりますか?」的なメッセージが出ると思うので、やっておきましょう。

ステップアップモードが始まると、まずは5つの難易度を選ぶことになります。「初心」がいちばんやさしいので選択。
すると曲のタイトルがずらーっと表示されると思います。左側に数字か漢字が書いてありますが、曲の難しさを表します。
漢字と数字がごっちゃでややこしいですが、漢字は「易<普<難」の順、数字は「1<2<3<……」の順に難しくなります。漢字と数字の対応については、大体難が2か3くらいという話を聞きますがばらつきはあります。
ちなみに、IIDXの(数字での)難しさは「☆1」「☆2」のように表現する事が多いです。現在☆12まであります。

まずは易、もしくは☆1の曲を選ぶことをおすすめします。
チュートリアルで聞いたことを活かしてプレイしてみましょう。まずは適当に叩いてみるといいと思います。
☆1や易が簡単なら、☆2や普にも挑戦してみましょう。大丈夫です、クリアできなくても必ず3曲遊べます。

無事に3曲終わったら、次の人と交代します(いれば)。


プレイの流れ的にはこんな感じです。
今回は「とりあえず触ってみよう」という事を中心に書いてみました。
いろいろ書いてて覚えきれないかもしれませんが、最近のIIDXは親切なので大体の事は筐体の方で誘導してくれるので、それに従っていれば大丈夫です。
とりあえず最低限覚えておきたいことは、

・初心者帰れオーラは気合で何とかする!
・プレイするときは左か右に立つ!
・「シングルプレイ」の「ステップアップモード」を遊ぶ!
・最初は簡単な「易」「☆1」をやってみる!


……くらいですね。

なお、もし一緒にプレイしてくれる知り合いがいればその知り合いの方の言うことを聞いていればいいと思います。はい。

次回は、もうちょっと細かい話(用語、データ保存、簡単なオプション、運指とか)を書こうと思います。
最終的には、(今九段だから)九段までどうやって頑張ればいいかとか書きたいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://skroot3.blog54.fc2.com/tb.php/459-c65cc16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。