FC2ブログ
root3のつぶやき
root3が日常生活(主にゲームの話と、TGA、NLでの活動)を綴っていくブログ。twitterとは関係ない(twitterもやってますが)。最近は専ら音ゲー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ヴァンガード】完ガの枚数について
完成させたいデッキが4つもあってやばい。
さすがに4つ全てを一気に作ることはしませんけどね!

まずはすぐに完成しそうな【五大元素の支配者】を完成させようと思います。
今回は少し考察しておきたい、完ガの枚数についてです。
コラム的な感じでよろしくお願いします(?)。

はじめに
BRやら、人気の「パワー+10000、☆+1」やらのせいでVのパワーがインフレしている現在の環境。
また、元からあるクリティカル偏重傾向によって4点ノーガードはご法度とされる環境。

この環境で生き残るには、完全ガード、通称完ガは必要不可欠な存在となっています。

どんなデッキであろうとほぼ必須カードである完ガ。それは前々弾のジェネシス、新弾のリンクジョーカーの完ガの値段を見ればその重要性が分かるでしょう(新クランで人気が高いというのもありますが)。

また、値段の高騰の原因としては「必須である」だけでは説明出来ません。完ガは引っ張ってこれないと意味のないカードです。今の環境では4枚積みが基本となっているようです(少なくとも自分の周りでは、完ガが4枚であることに疑問を持つ人は少ないようです)。

ですが、みなさんこういう経験はないでしょうか。


スタンドアップ!ザ・ヴァンガード!俺のターン!ドロー!ライド!完全ガード!!!


自分は何回もあります。
おそらくG1ライドで乗りたくないものランキングがあるとすれば間違い無く上位に入る完ガライドです。

何故こんな事が起こってしまうのか、その理由は簡単、ライドしたくないカードのくせに4積みだからです。でも4積みしないといざというときに使えない可能性が高いです。

そこで、完ガの適切な枚数について考えてみたいと思います。


完ガは何枚使えれば良いか?
まず、最終的に何枚完ガを使えればいいのかを考えます。
といっても、厳密に計算することは難しいしそもそも相手のデッキに依るのでなんとも言えないのですが、直感的に言えば2枚は使いたいと考えます。その理由として、

・完ガが必要になるほど相手がパンプするのがLB4を発動してからが多い。4点からではその次の返しで止めをさすのは難しい。よって、2ターンは耐え切りたい。
・Rに予想以上にトリガーが乗ってしまい防ぎきれない事がある。
・完ガのコストに出来る"要らないカード"はせいぜい2枚程度では(直感)

という事が根拠になります。
もちろん1枚で十分な時もあるでしょうし3枚必要な時もあるでしょうが、とりあえず2枚です。


完ガを2枚持ってくるには何枚積みこめばいいのか?
これは完ガ以外にも言える話なのですが、個人的な意見としては、

・1枚積み:サーチ出来るカードor奇襲用 基本的に無くても良いカード
・2枚積み:来たら使う程度のカード 他に代用が効くカードがあるカード
・3枚積み:1枚使えれば十分なカード 最終的に手札に来てほしいカード
・4枚積み:複数枚必要なカード 序盤から必要なカード

だと考えています(もちろんトリガーは除く)。自分が使用しているココくっきーを例に考えてみると、

・2枚積み
くりーむ:以前は3枚積みだったが、クロス環境を考えて「来たら使う」程度に方針を変更。
ここあ:強力だがなくてもなんとかなる。
たると:10kバニラ、ライド時に使えればいいがまかろんでも代用可能。まかろんは3枚なので合計5枚、ライドまでにはそこそこの確率で引っ張ってこれると考えている。展開後はアタッカーがもか、まかろん、トム中心になるのでいなくてもいい。

・3枚積み
ララ:ココライド時にあれば良しなカードなので、ココorくっきーライド後のドローがあれば1枚は見えるでしょう。見えなくてもなんとかなる。ライド用も兼ねる。
しょこら:完ガ。3枚の理由は後述。
まかろん:くっきーライド時に1~2枚あるのが理想。たるとと共にライド用を兼ねる。
もか:ココライド時に欲しいカード。以前は4枚だったが、まかろんに1枠ゆずる。
トム:1枚あれば良し、というわけではないもののこれ積み過ぎると事故るので……

・4枚積み
ジェミニ:ライド用だし、トムや相手クロス時のVの裏に置きたい。っていうか出来れば全部後列ジェミニにしたい。当然の4枚。
ココ、くっきー:軸。持ってこれなければ負ける。4枚。

……となっています。まあ自分の感覚に従って自分で組んだのでそうなっているのは当たり前ですが。


そうすると、2枚必要な完ガは当然4枚搭載となります。

完ガ4枚積みのデメリットは?
じゃあ4枚積めよ、と言われて「はい」と答えてしまうとこの話は終わってしまいます()
完ガ4枚積みはいいことばかりではありません。

デメリットその1「貴重なブースター枠であるG1枠を圧迫する」
基本的にG1というのは、後列において前列をブーストするのが仕事です。本来であれば優秀な効果やパワーを持つユニットをたくさん入れたい所。しかし、完ガはパワー6000な上に場に出ても何の効果も持ちません。完ガの優秀な防御力を考えたら当たり前なのですが、このデメリットはきちんと把握しておくべきです。

デメリットその2「序盤に引いてくる」
冒頭にあげたのがいい例です。完ガを4枚積みしている場合、初手5枚に完ガが含まれる確率は約35.9%。G1が15枚あるとして、初手5枚にG1が完ガしかない確率は約11.7%。もし初手のG1が完ガしかなければ究極のマリガン選択を強いられます(僕なら残しますが)。同様の計算を完ガ3枚ですると、完ガが含まれる確率は28.1%、G1が完ガしかない確率は8.3%です。この違いを大きく見るかどうかは人それぞれですが。

あ、計算違ってたらごめんなさい。

デメリットその3「必ず2枚使う」
他のにくらべるとそれほど気にならないデメリットですが、もしカードがこれしか無かったら10k一枚で防げるアタックをこれとコストで防がなければいけません。主に序盤で困るデメリットです。その2とも関連しますね。

……で、結論は?
そろそろつかれたので〆ます(

結論としては、基本的にやっぱり4枚必要です。
場合によってはぐっとこらえて完ガ1枚残しのマリガン、そこからの完ガライドも必要でしょう。そこは割り切るしかありません。

一方、そんな環境を出しぬいて自然と完ガ3枚で成り立つ構築を作れれば非常に強いです。その点が、先ほど紹介したココくっきーで完ガ3枚である理由と関係してきます。

・終盤でドローが豊富なデッキは完ガ3枚でいい!
単純な話、終盤で持ってきたいのが完ガなので、終盤でドロー加速出来るデッキであれば問題ないのです。あまり無いと思いますがドロートリガー積みまくってるデッキも完ガ3枚でいいですね。ただドローを積みまくっている時点で展開力が無いクランのはずなので、あまり過信するのは良くないです。

・手札交換が豊富なデッキは完ガ3枚でいい!
完ガとコストが被る点が少し不安ですが、手札交換をすればデッキを掘り進められるので3枚で十分かもしれません。【パシフィカ】では3枚で試験運用中です。

・速攻デッキでは完ガ3枚でいい!
そもそも「完ガなんていらねえ!」的なデッキです()0枚でもいいかもしれませんがさすがに弱いと思います。つまり、完ガ2枚目を使うまでに止めをさせるデッキですね。

・G1のサーチ(→手札へ)が出来るデッキは完ガ3枚でいい!
いわゆる「コンロー互換」。こいつらがいるなら完ガ3枚でいいでしょう。ただしその場合必ず完ガを手札に持って来なければいけなくなるため柔軟な動きがしづらくなります。


とまぁ、完ガが3枚でいい場合をいろいろ考えてみました。
ドローも出来ない、手札交換も出来ない、スピードも無い、サーチもない……ではさすがに4枚じゃないと厳しそうです。
抹消者のような強いデッキに安易なドローカードが来ないことを祈りましょう。え?ライフェニ?知らん(
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://skroot3.blog54.fc2.com/tb.php/504-a111068e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。