root3のつぶやき
root3が日常生活(主にゲームの話と、TGA、NLでの活動)を綴っていくブログ。twitterとは関係ない(twitterもやってますが)。最近は専ら音ゲー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ヴァンガード】BT13環境獣神軸を考えてみた
内容としては昨日の続き。
メイガス軸の考察もちゃんとやりますよー。

大丈夫、まだ1週間ある、まだ1週間……()
カードの紹介は昨日の記事を参考にしてくださいねー。
あと、BT13環境と言ってもR以下はまだ未判明が大多数なので、新しいカードが登場するともちろん変わりますよ。

ではサクっと紹介しましょう!


クロスブレイクライド採用型

デッキレシピ
(G3、8枚)
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム×4
獣神 エシックス・バスター×4

(G2、10枚)
獣神 ヘイトレッド・ケイオス×4
獣神 ゴールデン・アングレット×4
マジシャンガール・キララ×2

(G1、15枚)
獣神 ブランク・マーシュ×4
獣神 ヘルアーティ・デストロイヤー×4
ダンシング・ウルフ×3
ツイン・ブレーダー×4

(G0、17枚)
進化転生 ミライオー×1(FV)
レッド・ライトニング×4(☆)
シャイニング・レディ×4(☆)
ザ・ゴング×4(引)
ラウンドガール クララ×4(治)


クロスブレイクライド採用型です。
一応クロスブレイクライドをする名目ですので、シズク互換で2枚目のG3を揃えやすくはしてあります。が、無理にクロスブレイクライドする必要はないと思います。「エクストリーム」に直乗りしてもあまり問題はないでしょう。

クロスブレイクライド採用型の場合、G3にCBを使用するユニットがいないためこのままでは豊富なCBを持て余します(一応「ブランク・マーシュ」はいますが、Vヒット時という限られた機会での使用ですので、1回発動できるかどうか程度でしょう)。そこでG2に「キララ」を採用。積極的にRを狙い、発動のチャンスを作っていく事になります。「ブラック・トータス」は獣神持ちですが「アズール」がいない構築ではタダの8kバニラなので不採用。

G1はとりあえず「ヴァーミリオン・バード」以外の獣神と完ガを詰め込んで、残りは「ダンシング・ウルフ」を採用。その理由として、クロスブレイクライド成功時には後列もスタンドする機会があるため、「アングレット」か「ケイオス」が前列であれば一緒にスタンドさせることで22kラインを作ることが出来るからです。また、このユニットをV裏に置けば、スタンドさせる事で21kライン(クロス時は23kライン)にすることが出来ます。これはほとんどのV相手に1段階挙げられる事を意味します。「獣神&トリガー」か「トリガー&トリガー」の確率は非常に高いため、相手は2枚貫通のガードでも全く安心できないわけですね。

トリガー配分は☆8引4治4。ノヴァはアド稼ぎは苦手なのでドロートリガーは必須。6枚でもいいかもしれません。LB4で鬼スタンドできるので、序盤に強いクリティカルトリガーを採用。ヒールトリガーは通常通り4枚ですが、注意点としてツインドライブの1枚目でヒールしてしまい3点になってしまうと、2枚目に「獣神」を捲ってもスタンドは出来ません。逆なら出来ますが。まあ、プレイングではどうしようもない事ですし、ヒールを減らす理由にもならないと思いますので……。


クロスブレイクライド非採用型

デッキレシピ
(G3、8枚)
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム×4
超獣神 イルミナル・ドラゴン×4

(G2、10枚)
獣神 ヘイトレッド・ケイオス×4
獣神 ゴールデン・アングレット×4
ジェノサイド・ジャック×2

(G1、15枚)
獣神 ブランク・マーシュ×4
獣神 ヘルアーティ・デストロイヤー×4
叫んで踊れる実況 シャウト×3
ツイン・ブレーダー×4

(G0、17枚)
獣神 ライオット・ホーン×1(FV)
レッド・ライトニング×4(☆)
シャイニング・レディ×2(☆)
ザ・ゴング×4(引)
スリーミニッツ×2(引)
ラウンドガール クララ×4(治)


クロスブレイクライド非採用型です。
クロスブレイクライド採用型と比べたこの軸の長所は、どちらに乗っても安定してスタンド出来るという事でしょうか。とりあえず「ブレイクライド用の後続が続かなくて何も出来ずに負ける……」という事はないはずです。もちろん優先するべきは「エクストリーム」へのライドですが。基本的に再ライドは必要ないのでスタンド軸で非常に強力な「ライオット・ホーン」をFVに採用。

「キララ」ではなく「ジェノサイド・ジャック」を採用しているのは、コストの関係ですね。序盤にCB2を使ったせいで「イルミナル」の能力が使えない……というのは避けたいです。「ジェノサイド・ジャック」はコストが軽めなので、1ターンの使用くらいならあまり阻害はしないんじゃないでしょうか。多分。

G1の構成は、「ダンシング・ウルフ」の代わりに「シャウト」を採用。理由としては、「イルミナル」の能力では「ダンシング・ウルフ」をスタンドできないから。また、「キララ」を採用していない関係でドロートリガーが多めで、、また「イルミナル」に乗った時の「ジェノサイド・ジャック」の処理も必要なため「シャウト」は役に立ってくれると思います。

トリガーは☆6引6治4。ドロートリガーが多めの理由は前述の通り、「キララ」がいないためです。
確定スタンドの前ではやはりスタンドトリガーは合わないのでクリティカルトリガーを採用。



使いたいのはどちらかと言うと前者かな……?
後者は「安定性を高めるためにクロスブレイクライドを犠牲にした」というコンセプトなのですが、あまり安定している気がしない……。

ただ、最初に書いたとおりBT13で追加される他の「獣神」次第で共に化ける可能性はあるんじゃないですかね。
「獣神」のケイ互換とか、「ライオット・ホーン」のG1互換とか。後者が来たらめっちゃ嬉しいですね。



ところで、「超獣神 イルミナル・ドラゴン」と「最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム」って、どっちが強いんだろう……?
能力的には後者が強そうだけど。ユニット設定的には、果たして。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://skroot3.blog54.fc2.com/tb.php/512-294344f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。