root3のつぶやき
root3が日常生活(主にゲームの話と、TGA、NLでの活動)を綴っていくブログ。twitterとは関係ない(twitterもやってますが)。最近は専ら音ゲー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ヴァンガード】root3流テンペスト軸
めっちゃ久しぶりにブログ書いた。
何ヶ月ぶりだよ。


あ、あけましておめでとうございます。
昨年12月に発売されたVGブースターパック第14弾「光輝迅雷」に収録された新しい抹消者、

抹消者 テンペストボルト・ドラゴン

抹消者_テンペストボルト・ドラゴン

を使ったデッキの紹介です。
組んでみたらなかなかに楽しい上に勝率もいいので。


デッキレシピ
(G3,8枚)
抹消者 テンペストボルト・ドラゴン×4
抹消者 イグニッション・ドラゴン×2
抹消者 ドラゴニック・ディセンダント×2

(G2,11枚)
抹消者 ローレンツフォース・ドラゴン×3
妖剣の抹消者 チョウオウ×4
抹消者 スパークレイン・ドラゴン×4

(G1,14枚)
必殺の抹消者 オウエイ×4
送り火の抹消者 カストル×3
抹消者ワイバーンガード ガルド×4
ライジング・フェニックス×4

(G0,17枚)
伏竜の抹消者 リンチュウ×1(FV)
抹消者 イエロージェム・カーバンクル×4(☆)
神槍の抹消者 ポルックス×4(☆)
毒心のジン×2(☆)
抹消者 ブルージェム・カーバンクル×2(引)
蟲毒の抹消者 セイオウボ×4(治)


構築解説
テンペストボルトの能力をいかに活かすか、それに絞ったデッキです。
テンペストボルトは「場が埋まっていなくても自身のパワーが上がる」「ECBだけで相手のリアガードを最大5体退却できる」という強さを持ちますが、一方で「展開すると自身のLBの犠牲になる」「しかし展開しないとアタック回数が減る」というジレンマを抱えたユニットです。おそらくこのジレンマのせいであまりいい評価を受けていないんでしょうが。

しかし、弱点をうまく補ってあげればテンペストボルトは相手にとってとても嫌な立ち回りができます。

抹消者 テンペストボルト・ドラゴン
このデッキの主軸。LBの圧力で相手に展開させないまま、自身は高いパワーで攻めるのが理想です。
大事なのは「圧力を与えること」。焼きは他のユニットでも十分できるので、展開していない相手にわざわざLBを撃つ必要はありません。頃合いを見てディセンダントに乗り換えましょう。

抹消者 イグニッション・ドラゴン
BRユニット。BR時にCB1で相手選択の2枚を退却できます。
テンペストボルトやディセンダントと特別相性のいいBRではないですが、それでも2枚焼きは強い。

抹消者 ドラゴニック・ディセンダント
言わずと知れたフィニッシャー。
テンペストボルトで相手の手札をガッツリ削たら乗り換えましょう。3T素乗りは一番やっちゃいけないパターン。
規制のため2枚ですが、仮に規制解除されても2枚でいいです。

抹消者 ローレンツフォース・ドラゴン
ここは可変枠です。
G3登場時にCB1で相手選択の1枚を退却できますが、少ないとはいえCBを使うため、テンペストボルトのLBを阻害するかもしれません。
代わりにズイタン辺りを入れてもいいですが、そうすると逆に回復させるコストがほとんど無くなりますし、これでいいんじゃないかなぁと。

妖剣の抹消者 チョウオウ
めっちゃ強い。
自分と相手のリアガードサークルを1つずつ空けるため、テンペストボルトのパワーが+4000されます。しかもCBを使わない。ライフェニのコストもたまる。

抹消者 スパークレイン・ドラゴン
あまり展開したくないテンペストボルト軸で、単独アタックできるこのユニットは重要です。

必殺の抹消者 オウエイ
キーカードと言っても過言ではないかも。
G3がVに登場した時にソウルインで相手の前列を1体退却させます。1Tか2Tに1枚は出しておきたい。

送り火の抹消者 カストル
手札交換。
FVがシズク互換ではないため、事故回避用のユニット。「事故なんて怖くねえ!」という人はデモリッションにしてみてください。

抹消者ワイバーンガード ガルド
完全ガード。テンペスト軸だろうがなんだろうが、今の環境では4枚安定。

ライジング・フェニックス
カットラス互換。貴重なアド取り要因。
このデッキでSBを使うのはこのユニットだけなのでガンガン使ってください。

伏竜の抹消者 リンチュウ
FV。強い。
最近はマジキチなFVも多いので、これが安定すると思います。これもマジキチなFVなんですが。

トリガー
☆10引2治4。
テンペストボルトはパワーこそ高めな水準ですがガード強要力が無いので☆多めのほうがいいです。
引が少なめですがライフェニでカバーしてください。……というか、テンペストボルトは展開しないので多少手札が少なくてもなんとかなります。

ちなみに非抹消者は5枚。おそらく安定してECB3は支払えるはずです。

回し方
一番大事なところで、一番書きたいところ。

テンペストボルト、ディセンダント共に速攻されると弱いです。
ダメージ差を意識しながら、できるだけ相手に先行させるように立ちまわってください。

(1T目)
ガルド>カストル>オウエイ>ライフェニの優先順位でライド。
ただ手札が万全ならカストル優先で。2~3パンしてもいいですが、オウエイ前に出して殴るぐらいなら引っ込めておいたほうがいいです。仕事したカストルなら前に出してもいいかも。

(2T目)
チョウオウ>ローレンツ>スパークレインの優先順位でライド。
スパークレインがいるならRに出して殴りたい。ローレンツフォースは見た目通り「避雷針」です。出せばおそらく殴ってくると思います。5k要求ならもちろん止めますが、それ以外は受けてもかまわないと思います。Vがローレンツ殴ってきたらラッキーですね。このターン中にオウエイを出しておけるとGOOD。カストル―オウエイの14kラインもGOOD。リンチュウはこのターン中に使うのが原則ですが、発動できなくてもいいです。

(3T目)
イグニッション>テンペストボルト>ディセンダントの優先順位でライド。
ただもちろんすでに4点受けてしまった場合はテンペストボルトの方がいいです。
Rの展開としては、「チョウオウorローレンツ―オウエイorカストル」「V―無しorライフェニ」「スパークレイン―無しorライフェニ」が理想。ライフェニはまずV裏、2回目が発動できそうならスパークレイン等の単騎アタッカーの裏です。この陣形だとテンペストボルトなら高確率で相手Vに15k要求が出来ます。イグニッションに乗った場合も、後ろにテンペストボルトが控えているならこの陣形で。

で、一番大事なところですが、相手の前列のリアガードはチャンスがあればどんどん退却させてください。こちらは基本的に慢性的な手札不足です(時々ライフェニやドロトリがめっちゃ回ってウハウハになりますが)。3パン出来ないこともしばしばです。だから相手にも3パンさせないでください。何らかの形でテンペストボルトが見えていれば相手も展開を控えてくるかもしれませんが。お互い1~2パンしか出来ない状況では圧倒的にこちらが有利です。

問題はディセンダントに素乗りしてしまった時ですが、立ち回りは代わりません。
ただしテンペストボルトのパンプも、BRでの焼きも出来ないので相手の展開には注意。

(4点目以降)
BRが可能ならさっさとBR。もちろん相手が2枚以上展開している時ですが。

テンペストボルトのままで戦う場合、相手への圧力が大事です。LBは1回しか撃てないと思ってください。
「相手はもう完ガなさそうだな、アタッカーもいなさそうだな」と思ったらチャンス。直前のターンで前列をインターセプトで消費してぶちかましましょう。相手と自分の被害の差が2あれば十分だと思いますが、何より大事なのはその場での枚数より、相手はもうRにコール出来るまともなカードが殆ど無いという状況にすることですね。テンペストボルトのパワーで相手のシールドを削ったらディセンダントに乗り換えてフィニッシュ、というのが理想の流れ。

ディセンダントに素乗りしている場合は……ECB2とか駆使して頑張ってください(
相手にダメージを先行させるのが大事、そのための☆10です。

長くなったのでまとめ
①序盤はオウエイやローレンツで焼きの準備
②中盤は前列を細かく焼きつつテンペストボルトの圧力をかける
③終盤は高いパワーでシールドを削り、ディセで止め
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://skroot3.blog54.fc2.com/tb.php/515-74ac9eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。